So-net無料ブログ作成

雑誌『毛糸だま 2015年 春号 No.165』ソックニッティング靴下の編み方/日本ヴォーグ社 (2015/2/5) [書籍]

日本ヴォーグ社の編み物雑誌『毛糸だま』。
2015年2月発売の春号の巻頭特集はソックニッティング(靴下編み)。
監修は西村知子さん。『編みもの「英文パターン」ハンドブック
』(東京書籍)が最近発売されました。
1号棒針を使ったいろいろなパターンの編み方を、英語と日本語訳で紹介。
編み図ではなく、文章で説明したとおりに編んでいきます。
つま先から編む「トゥアップ」、履き口から編む「トップダウン」。かかとの編み方もいろいろあります。
英文パターンの読み方も解説。
見本の毛糸がカラフルで、見ていて楽しい。

大物(服)を編むのは無理だけど、小物なら挑戦できそう。

靴下用の毛糸(ソックヤーン)も誌上通販しています。
特集と別のコラム「Tricoquelicotの編み物の話」でソックヤーンの話題が出ています。
ソックヤーンは靴下を編むための毛糸。太さはだいたい中細程度、400m前後で100g×1玉または50g×2玉で大人の標準的な靴下1ペアが編める。素材はウール75-80%、ナイロン25-20%。伸縮性、強靭性、水分の吸収・放出という特性が求められるので、普通のニットには使われないナイロンが含まれる。



『毛糸だま 2015年 春号 No.165』
出版社: 日本ヴォーグ社
A4サイズ雑誌: 260ページ
発売日: 2015/2/5
商品パッケージの寸法: 29.6 x 23.4 x 1.8 cm
定価:1,500円(税込1,620円)

>巻頭は世界中の編み物ファンを虜にする「ソック・ニッティング」特集。編み始めの方法からかかとの編み方まで、すべて英文パターン方式で紹介。「英語で編もう」でおなじみの西村知子さんが懇切丁寧に解説します。今まで展開図を見て尻込みしていた編み物ファンも、指示通りに編んでいけば必ず完成。糸はすべて1号針で編むようになっているので、お気に入りの糸で自分だけのソックスが編めます。さらに編み針の意外な使い方や面白ヤーンの紹介も。これであなたもソック・ニッティング博士!
>その他スコットランドの編み込みやカラフルなインテリアグッズ、春を先取りしたスーツ特集など、編みたいものが一杯。アルネ&カルロスなど連載陣も好調です。




毛糸だま 2015年 春号 No.165 (Let’s Knit series)
【アマゾン】



■輪針(棒針)1号



やまと 輪針60cm 1号
【アマゾン】



クロバー 輪針 60cm 1号 51-101
【アマゾン】


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。