So-net無料ブログ作成

基本のレザークラフト『手縫いで、革小物』鈴木英明〈文化出版局〉 [書籍]

『手縫いで、革小物』
著者:鈴木 英明
出版社: 文化出版局 (2010/12/10)
大型本(B5変型ソフトカバー): 80ページ
付録:別紙で実物対型紙
初版:2010年12月19日発行
定価:本体価格 2,000円+税

手縫いによる革小物制作の基礎基本を教えてくれる本。
全くの初心者から経験者にも役立つように、革の扱いからきれいに作るポイントまで、それぞれの作品に即して解説。
作品は日常使えるカードケース、ブックカバー、コインケースからトートバッグ、ビジネスバッグまで。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

革小物づくり初心者本『はじめてのレザークラフト』スタジオタッククリエイティブ [書籍]

2019年1月創刊のアシェットの分冊百科「はじめてのレザークラフト」を店頭で見るたびに気になります。
自分好みの革小物を作りたい気持ちがわいてきます。
レザークラフトの道具や材料って100円ショップやホームセンターや小さい手芸店では扱っていないのです。

はじめてのレザークラフト:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社

しかし、分冊百科では実際に作品を作るための道具や材料を集めるのに時間もお金もかかります。
創刊号が499円で、第2号が1,199円で、第3号以降は1,999円。

分冊百科付録の安物の道具では、使いにくくてやる気がそがれます。
とくに刃物類は切れ味が悪いと作品の出来にかかわります。
どうせなら最初からきちんと使える道具を揃えたい。

まずはレザークラフトの技法書を買って、道具を集めることから考えてみます。

アマゾンで【はじめてのレザークラフト】で検索すると、分冊百科と同じタイトルで、ユーザーの評価が高い本が見つかりました。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

棒針編みニット小物レシピ『大人の手編み冬こもの』主婦と生活社(2018年9月) [書籍]

棒針編みの小物レシピ集。
スヌード・ネックウォーマー、帽子、ショール、ミトン・ハンドウォーマーなどのニット小物の作り方が23種類のっています。
基本の編み方や編み図の読み方から説明します。
8作品は編み方のプロセスを写真付きで解説。

難しい技術は使っていませんが、交差編みや編み込み模様などの小技を使ったすてきなデザインで、いろいろ作ってみたくなります。
気軽に編める小物がたくさん紹介してあり、この本だけで今年の冬は楽しめそうです。
毛糸は合太・並太・極太のストレート糸を中心に使用。
シンプルなベレー帽の作り方があるのがうれしい。

『大人の手編み冬こもの』
編集:主婦と生活社
出版社: 主婦と生活社
単行本(B5サイズ・横書き): 79ページ(カラー55ページ)
発売日: 2018/9/28
梱包サイズ: 26 x 18 x 1 cm
定価:1300円+税

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

手織り機の作り方『ちいさな織り機でちいさなおしゃれこもの』蔭山はるみ〈日本ヴォーグ社〉 [書籍]

『ちいさな織り機でちいさなおしゃれこもの』
著者:蔭山はるみ
出版社: 日本ヴォーグ社 (2017/1/30)
単行本(B5サイズ・ソフトカバー): 80ページ(カラー48ページ)
言語: 日本語
発売日: 2017/1/30
商品パッケージの寸法: 26 x 18.5 x 1.2 cm
定価:1200円(+税)

手織り機の作り方の本。
材料は空き箱、厚紙、木のフレーム、小さい木の板(かまぼこ板や木の切れ端)など。
身近にある物や100円ショップで買える材料で作れます。
ちいさな織り地のサンプルを織るだけでも楽しそう。
織っている途中もかわいい。
できた織り地を使った雑貨の作り方も紹介。
手織り機を使ってみたいと思うけど、本格的なものは卓上用でも結構大きくて場所をとる。
この本で紹介しているような小さくて安い材料でできる手織り機なら、気軽に挑戦できそうです。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

靴下本『輪針1本で左右同時にできる 手編みのくつ下』大内いづみ(家の光協会)2015年11月刊行 [書籍]

『輪針1本で左右同時にできる 手編みのくつ下』
著者:大内いづみ
出版社: 家の光協会 (2015/11/17)
単行本(B5サイズソフトカバー): 96ページ(オールカラー)
発売日:2015年11月15日
商品パッケージの寸法: 25 x 19 x 1.2 cm
定価:1400円+税(税込 1,512円)

80cmの輪針1本で靴下を左右同時に編む方法(マジックループ)を説明した本です。
つま先から編みはじめて、履き口で伏せ止め。
あみはじめは巻き付けるだけの「トルコ式作り目」、
かかとは工程がシンプルな「ドイツ式引き返し編み」、
はき口はとじ針に変えずに輪針(棒針)のまま伸縮性がある止め方ができる「ロシア式伏せ止め」。
基本の靴下は工程をひとつづつ写真で説明。
中細毛糸の靴下は2号・3号の輪針、並太のルームソックスは6号・7号の輪針を使用。
きれいに編むためのコツ、棒針編みの基礎も解説。
2015年11月の新刊。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌『毛糸だま 2015年 春号 No.165』ソックニッティング靴下の編み方/日本ヴォーグ社 (2015/2/5) [書籍]

日本ヴォーグ社の編み物雑誌『毛糸だま』。
2015年2月発売の春号の巻頭特集はソックニッティング(靴下編み)。
監修は西村知子さん。『編みもの「英文パターン」ハンドブック
』(東京書籍)が最近発売されました。
1号棒針を使ったいろいろなパターンの編み方を、英語と日本語訳で紹介。
編み図ではなく、文章で説明したとおりに編んでいきます。
つま先から編む「トゥアップ」、履き口から編む「トップダウン」。かかとの編み方もいろいろあります。
英文パターンの読み方も解説。
見本の毛糸がカラフルで、見ていて楽しい。

大物(服)を編むのは無理だけど、小物なら挑戦できそう。

靴下用の毛糸(ソックヤーン)も誌上通販しています。
特集と別のコラム「Tricoquelicotの編み物の話」でソックヤーンの話題が出ています。
ソックヤーンは靴下を編むための毛糸。太さはだいたい中細程度、400m前後で100g×1玉または50g×2玉で大人の標準的な靴下1ペアが編める。素材はウール75-80%、ナイロン25-20%。伸縮性、強靭性、水分の吸収・放出という特性が求められるので、普通のニットには使われないナイロンが含まれる。

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

番組テキスト「すてきにハンドメイド 2014年12月号」棒針編みのルームシューズ、ハンドウォーマー [書籍]

NHK Eテレの手芸番組「すてきにハンドメイド」2014年12月号のテキストを買いました。

購入理由はルームシューズ、スヌード、ハンドウォーマー、ショールと、棒針編みの作品が多いので。棒針編みが好きです。
寒くなってきたし、そろそろ編み物を始めたい。

すてきにハンドメイド|くらしのパートナー|NHK Eテレ
(番組公式サイト)

「すてきにハンドメイド」は、キルト、編み物、ソーイング、刺しゅう、ビーズ、ちりめん手芸、スケッチなど、さまざまな手作りを紹介する番組です。
放送:NHK Eテレ 木曜 午後9時30分~9時55分
(再放送 NHK Eテレ 水曜 午前11時30分~11時55分)
(再放送 NHK 総合 木曜 午前10時15分~10時40分)

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

番組テキスト「すてきにハンドメイド 2014年 10月号」ニットのはおりもの、加賀ゆびぬき [書籍]

NHK Eテレの手芸番組「すてきにハンドメイド」2014年 10月号のテキストを買いました。

購入理由は「棒針で編むニットのはおりもの」(10月2日放送)をつくってみたいので。
袖と身頃を一緒に編んで、肩と脇と背中をはぎあわせます。袖はドルマンスリーブで、袖口はすぼまって脇はゆったりしています。
家の中でかるくはおるのに便利そう。
寒くなる前に毛糸を探しにいこう。せっかく作るならいい毛糸で編みたいです。
大物を編む前に、手慣らしにニット小物を編みたいな。

あと「加賀のゆびぬき」を作ってみたい。
絹糸と真綿を用意すれば作れそう。材料を大きい手芸店に探しに行かないと。

すてきにハンドメイド|くらしのパートナー|NHK Eテレ
(番組公式サイト)

「すてきにハンドメイド」は、キルト、編み物、ソーイング、刺しゅう、ビーズ、ちりめん手芸、スケッチなど、さまざまな手作りを紹介する番組です。
放送:NHK Eテレ 木曜 午後9時30分~9時55分
(再放送 NHK Eテレ 水曜 午前11時30分~11時55分)
(再放送 NHK 総合 木曜 午前10時15分~10時40分)

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あまり布で作るかわいい雑貨『布びより』坂井きよみ〈辰巳出版〉2007年12月刊行 [書籍]

『布びより ~ハンパ布でできちゃうおうち雑貨』
坂井 きよみ (著)
出版社: 辰巳出版 (タツミムック)
大型本(B5判変形ソフトカバー): 95ページ・オールカラー
発売日: 2007/12/18
商品パッケージの寸法: 24 x 17.8 x 1.4 cm
定価:1300円(本体)

図書館で借りた本。
布雑貨の作り方本。
余り布、端切れ(ハギレ)、古着など、小さなハンパ布から暮しで使える雑貨を作ります。
著者がイラストレーターで、作り方をイラストで解説。
定番の鍋つかみ、コースターからルームシューズ、布ナプキンまで。
ジーンズから作るバブーシュとかデニムのバケツバッグとかお気に入りの布を集めたコラージュノートとか、他の手芸本とはちょっと違った趣きの作品が載っています。読むと作ってみたくなるし、アイデアが刺激されます。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

布のリメイク雑貨『裂き編みの生活小物』パッチワーク通信社/2010年7月刊行 [書籍]

衣替えの季節です。
もう着ない服は裂き編みにしようと思っています。
捨てる服なら、失敗しても惜しくない。

『裂き編みの生活小物』
ムック・20×20cmソフトカバー: 72ページ(カラー34ページ)
出版社: パッチワーク通信社 (レッスンシリーズ)
発売日: 2010/7/14
商品パッケージの寸法: 19.6 x 19.4 x 1 cm
価格:838円(本体)

「裂き編み(さきあみ)」とは、着古した服などを手で裂いたりはさみで切って細長い布テープにして、かぎ針・棒針などで新しい作品を編むことです。リメイク・リサイクルの1つの手法。

作品はコースター、モチーフ、バッグ、マット、ルームシューズ、かご、ポーチなど。
裂き布テープの作り方を写真入で解説しています。

作品の編み方は編み図だけなので、かぎ針編みの基本を理解している人向け。
見本のとおりに作るより、アイデアをふくらませてオリジナル作品が作りたくなります。

2007年に雄鶏社から刊行された『裂き編み雑貨』を改題・復刻。

作者:青木恵理子、きゆなはれる、takaneco、松村忍

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。